しまむらの裏起毛パンツ ウラモコがキッズにおすすめ!我が家の定番に!

スポンサーリンク
子育て

真冬の小学校、暖房の近くなら暖かいものの、廊下や窓際の席はとても寒い!!!ですよね?!

そこで、しまむらの裏起毛パンツ(ウラモコ)が真冬の寒い学校生活にとってもピッタリなんです。

柔らかくて暖かくて着心地抜群のようなので、我が子は毎日柄違いでこの裏起毛ズボン(ウラモコ)ばかり履いていきます。

今回はこのしまむらの裏起毛パンツ(ウラモコ)の魅力をお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

しまむら裏起毛ズボン・キッズ用(ウラモコ)のおすすめポイントは?

わが家では小1の時に息子にこのしまむらの裏起毛パンツ(ウラモコ)を購入してから、今年で3年目の愛用になります。

本人のかなりのお気に入りなので、本当にシーズン終わるころにはボロボロになるくらいに履きつぶしてしまいます。

そんなしまむらの裏起毛パンツウラモコのおすすめポイントは3つです。

・とにかく触り心地がソフトで暖かいんです。真冬の寒い朝も冷たさを感じることなく履くことが出来ます。冬の朝、寒くて子供たちもなかなかお布団から出たがらなかったりしませんか?せめて着替える時にすぐに暖かさを感じるお洋服だと、気持ちも下がることなく、ママとしても助かりますよね。

・着心地も伸縮性がとてもあるので、動きの激しい低学年男子にピッタリです。わが子はジーンズなどの固めの生地のボトムスを嫌がってしまいます。やはり着心地が悪かったり動きにくかったりするのでしょうね。タンスの引き出しにしまってあっても、結局この柔らかい素材のウラモコしか履かなくなってしまうんですよね。

お値段も大事なポイント!!!こちらの裏起毛ズボン(ウラモコ)は980円(税込みです。お財布にも優しくママに嬉しいお値段ですよ。1シーズンでボロボロになってしまうし、子供の成長中のお洋服はお手軽価格であることにこしたことはないですよね。

しまむらの裏起毛ズボン・キッズ用(ウラモコ)のデメリット

冬の登校時、毎朝寒い寒いと言っている寒がりの我が子に、昨年しまむらの裏起毛ズボン(ウラモコ)のソフトタッチのパンツを購入しました。

最初に二本、色・柄違いで購入しましたが、本人が気に入って一日交替でその二本ばかり履いていのたので、もう一本追加購入。

結局他のパンツには目もくれず、その3本ばかりを着まわしていました。

それだけ履けば当然の事なのかもしれませんが、動きの激しい低学年男子のボトムスって、ひざやお尻の部分がすぐに擦れてしまったりしませんか?

このしまむらの裏起毛ズボン(ウラモコ)も膝やお尻のあたりにダメージが・・・。

特にひざ部分は1シーズンで擦れて穴が開いてしまったものもありました。

ソフトタッチで裏表柔らかい素材なこともあり、少し丈夫さに欠けるのがこのパンツのマイナス点かもしれないですね。

お財布状況を考えると2シーズンくらい着させたいという思いから、ついつい大きめの洋服を買ってしまうところですが、この裏起毛ズボン(ウラモコ)は1シーズンだけの使用と割り切って、ジャストサイズを購入するのが良いのかもしれません。

結局我が家は毎年3本ずつパンツを色・柄違いで揃えていました。

そして、もう一つ残念なことが。

男の子用のデザインのウラモコパンツが130サイズまでしかないようなんです。

お店のスタッフの方にも確認したり、秋口から本格的な冬になってからもちょこちょこお店を確認しましたが、140サイズ以上を見つけられなかったんですよね。

なので、わが子は今年でこのウラモコパンツは卒業しなくてはいけなくなりそうです。

来年からの替わりになるものを見つけなくては!!!

しまむらの裏起毛ズボン・キッズ用(ウラモコ)のストレッチジーンズもお勧め!

我が家の息子は堅めのボトムスを好まないので、このしまむらの裏起毛ズボン(ウラモコ)はソフトタッチタイプの物を気に入って愛用していますが、ストレッチジーンズタイプの物もあるんです。

堅めといってもストレッチがきいていますし、お腹もゴムなのでそれほど窮屈な感じはしないと思います。

どう考えてもソフトタッチタイプの物よりは丈夫である気がします。

お値段は少し上がりますが、それでも1500円ほどだったと思います。

少し硬めのボトムスでも大丈夫というお子様であれば、こちらを利用するのも良いかもしれませんね。

しまむら裏起毛パンツ・キッズ用ウラモコのまとめ

いかがでしたか?

毎日着るお子様のお洋服は是非着心地が良いものにしてあげたいですよね。

是非この冬、しまむらの裏起毛ズボン(ウラモコ)を試してみてはいかがでしょうか?

このウラモコシリーズは、トップスにもあるようなので、ボトムスに限らずお子様のお気に入りのものが見つかると良いですね。

寒さに負けず、上手に暖かいお洋服を活用して楽しい学校生活が送れますように・・・。

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました