成田山の参道でおいしいスイーツを!和カフェのおしゃれな三芳家がおすすめ

スポンサーリンク
グルメ

成田山新勝寺、新年の初詣に始まり、節分の豆まきや花見、紅葉などなどたくさん訪れたい季節がありますね。

成田山新勝寺を訪れたら、その参道にある美味しいものをいただくのも楽しみの一つだったりしませんか?

参拝して境内を散策すると、結構足が疲れますよね。

そんな時にちょっと立ち寄りたくなる落ち着いた雰囲気の日本らしさを感じる和カフェ。

「三芳家」はちょっと休憩したいときに、ほっこり気持ちも温かくなるような素敵な甘味処です。

今回は「三芳屋家」でゆっくり甘味を楽しんだ感想をお届けします。

成田山新勝寺に参拝されるときの、ちょっと休憩で甘味処を探している方の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

成田山新勝寺「三芳家」のおすすめポイント

ちょっとした古都を感じるお店の雰囲気

三芳家のお隣はウナギで有名な「川豊」さんです。

お店に入る小道は、とても細い入口なので見落としがちかもしれません。(立て看板が出ているので、注意深く探してみてくださいね。)

でも、一歩小道に入ると、とても雰囲気がいいです。

隠れ家的で古都の雰囲気もあり緑も多く、ほっこり癒される空間です。

人ごみを歩いているだけで、疲れたりすると思いますが、この三芳家に入ると時間の流れもゆっくり流れている気がします。

甘味の王道「いなかしるこ」も「あんみつ」も美味しい!

いなかしるこもあんみつもお口直しのお漬物とほうじ茶が一緒に出てきます。

いなかしるこは甘みもちょうどよく疲れた体に染み渡る感じです。

ほっこりと心も体も温まりますよ。

あんみつはあんこも黒蜜たっぷりです。

個人的にあんみつに入ってるフルーツがアプリコットプルーンというのも最高です。

よく缶詰のみかんとかサクランボとか入ってますよね。

このアプリコットとプルーンが意外にも甘いあんこと黒蜜に合うんですよ。

ぜひこの2品、試してほしいなあって思います。

ほうじ茶がついてくるのも嬉しいですね。

成田山新勝寺「三芳家」の基本情報

住所:千葉県成田市仲町386-2

電話番号:0476-22-2147

アクセス:京成成田駅から12分



 *お店がメインの参道から少し入った奥に位置しているので、とても分かりにくいです。ウナギで有名な川豊さんのお隣なのですが、かなり細い脇道の入り口にひっそりと立て看板が立っているので、よく注意してみてみてくださいね。

営業時間:10:00~17:00(L.O)

定休日:水曜日(1,5,9月は休みなし)

*営業時間や定休日などは変わることがあるので、電話などで確認してから行くようにした方が良いかもしれません。

インスタグラムも確認してみてくださいね。

インスタグラム:https://www.instagram.com/miyoshiya_nrt/

成田山新勝寺「三芳家」のメニュー

私が行ったのは2020年秋でしたので、少しメニューや価格は変更しているかもしれませんが、参考までにいくつかご紹介しておきますね。

【甘味】

・白玉あずき(温・冷)830円

*アイス乗せは100円プラス。

・いなかしるこ(温・冷)680円

*白玉をお餅に変更すると100円プラス。

・あんみつ730円

・クリームあんみつ830円

・バニラアイス610円

・黒みつくずきり730円

・いそべもち780円

・あべかわもち780円

・黒みつわらびもち730円

 

などなど・・・

これらの甘味にプラス350円で抹茶・煎茶・コーヒーをドリンクセットして付けられます。

季節によって限定メニューもあったりするみたいですよ。お正月とかは、お雑煮とか(1,300円)。美味しそう!!!

おわりに

成田山新勝寺は、1年を通して魅力を感じることのできる場所なので、時々訪れたい場所の一つです。

成田山新勝寺をゆっくり回った後には、 のんびり和を感じることのできるこの「三芳家」はとてもおすすめです。

「三芳家」で甘いものをいただいて、ほっこしてみてくださいね。

最後に・・・成田といえばうなぎも有名!

食事もお考えの方は、こちらの記事で美味しいうなぎについても紹介しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました